渥美坂井法律事務所・外国法共同事業

トピックス

ニュース

2014年 8月13日 イアン・S・スコット弁護士(パートナー)が、Who's Who Legal -Sports & Entertainment 2014に選ばれました。
2014年 6月25日 衛本豊樹弁護士(パートナー)、千葉恵介弁護士、佐藤一也弁護士 及び木村勇人弁護士が申立代理人として担当した株式会社太陽光機の民事再生申立事件(長崎地方裁判所 平成25年(再)第2号事件)につき、平成26年5月28日に開催された債権者集会において、投票した議決権者の94.9%及び総議決権額の92.5%の賛成により、再生計画案が可決され、同日付で同裁判所より再生計画の認可決定を受け、同年6月25付に確定しました。
2014年 5月23日 当事務所が 2014年度Asian Legal Business (ALB) Japan Law Awards において、以下の各部門でファイナリストに選ばれました。 Energy & Resources Deal of the Year / Real Estate Deal of the Year / Employment Law Firm of the Year / Insolvency Law Firm of the Year / International Arbitration Law Firm of the Year / IP Law Firm of the Year / Litigation Specialist Law Firm of the Year / TMT Law Firm of the Year / Tax Law Firm of the Year / Best SEA Practice of the Year / Best China Practice of the Year / Managing Partner of the Year / Japanese Deal Firm of the Year
2014年 5月22日 当事務所が、Asian Legal Business (ALB) 2014年5月号の ALB IP Rankings 2014 において、国内系の法律事務所として Trademark/Copyright 部門でTier2、Patent 部門でTier 3にランクインしました。
2014年 5月12日 当事務所からカンボジアに出向中の田宮彩子弁護士が、このたび、日本貿易振興機構(ジェトロ)、日本大使館、国際協力機構(JICA)、カンボジア日本人商工会(JBAC)、カンボジア日本人材開発センター(CJCC)が連携して中小企業の進出をサポートする「JETRO中小企業海外展開現地支援プラットフォーム」において、カンボジアにおけるコーディネーター(法務アドバイザー)として選任されました。当プラットフォーム発足式の写真は、こちらでご覧いただけます。

出版物・セミナー

2014年 8月19日 [セミナー] 田宮彩子弁護士が、大阪、名古屋及び東京で開催された三菱東京UFJ銀行主催のカンボジア投資セミナーの講師の一人として講演を行いました。「カンボジア進出にあたっての法務-労務に重点を置いて」(三菱東京UFJ銀行主催)
2014年 8月15日 [記事] 佐藤光伸弁護士が共同執筆した記事「平成26年改正金商法等の解説(3)新規上場企業の負担軽減および上場企業の資金調達の円滑化に向けた施策」 が旬刊商事法務No.2040、2014年8月5日・15日合併号(商事法務研究会)に掲載されました。
2014年 7月31日 [セミナー] 三部裕幸弁護士(パートナー)が講演を行いました。「危機管理セミナー『不祥事予防の目安と危機からの復旧』~通常の注意力で平時に予防、失敗プロセスの類似性に学ぶ復旧~」(FNコミュニケーションズ主催、金融ファクシミリ新聞社共催)
2014年 7月25日 [記事] 山島達夫弁護士(パートナー)が執筆した記事 「[独禁法事例速報]索道事業者の団体によるスキー場のリフト券の販売制限行為が問題とされた事例――公取委発表平成26・2・19」がジュリスト 2014年8月号 (No.1470)(有斐閣)に掲載されました。
2014年 7月24日 [書籍] 山島達夫弁護士(パートナー)が共同執筆した書籍 『実務に効く 公正取引審決判例精選』(ジュリスト増刊『実務に効く 判例精選』シリーズ第5弾)が有斐閣より出版されました。

取扱分野