Top > 弁護士等紹介

内田 恵美 (パートナー) Emi Uchida (Partner)

中文English
学歴 九州大学法学部 平成9(1997)年卒業
九州大学大学院公法学研究科 平成11(1999)年修了
司法修習 平成12(2000)年修了(53期)
弁護士登録 平成12(2000)年
弁護士会 第一東京弁護士会
職歴 アンダーソン毛利・友常法律事務所(2000年10月~2014年3月)
EY弁護士法人(2014年4月~2015年5月)
DT弁護士法人(2015年5月~2017年7月)
所属団体 経営法曹会議会員弁護士
労働法制委員会委員(第一東京弁護士会)
男女共同参画推進本部委員(第一東京弁護士会)
取扱業務 労働法・人事労務関連案件(外国企業の日本進出支援、ビザに関する助言、就業規則・Code of Conduct・Employee Handbook・雇用契約書等の作成)、人事制度改定(年金制度含む)支援(法的リスク分析、関連書類作成、従業員コミュニケーション指導等含む)、非正規労働者問題(同一労働同一賃金原則、偽装請負等)・メンタルヘルス・セクシュアルハラスメント・パワーハラスメント・マタニティーハラスメント等の問題対応、退職勧奨・整理解雇・懲戒処分等に関する助言、労働時間管理・働き方改革関連対応支援、国内・インバウンド・アウトバウンドのM&A・企業再編時の人事労務対応、PMI(ポストマージャーインテグレーション)対応、日本企業の海外進出・海外子会社・海外拠点管理支援(海外労働法規制調査、海外子会社・海外拠点の労働者問題対応)、労基署・労働局他当局対応、労務紛争における使用者側代理(訴訟、労働審判、仮処分、不当労働行為、裁判外における交渉)、労働組合法関連業務(団体交渉等)、不正調査・コンプライアンス対応、個人情報保護法他データプライバシー関連対応(海外関連法規制調査等)、内部通報制度の構築支援、従業員・役員向け研修講師、一般企業法務
言語 日本語、英語
 

受賞

出版物

  • 「ハマキョウレックス事件、長澤運輸事件とパート有期法に見るこれからの処遇の在り方~正社員と非正規雇用労働者との不合理な待遇差の解消に向けた論点整理」労政時報3962号(2018)
  • 「時間外労働の上限規制 実務への影響と対応策」ビジネスガイド850号(2018)
  • 「新たな時間外労働の上限規制と企業実務への影響」労政時報3934号(2017)
  • 「同一労働同一賃金特集~法令・判例に見る非正規社員の合理的な処遇格差の考え方」労政時報3927号(2017)
  • 『女性雇用実務の手引』(新日本法規出版、2008~2018)<共著>
  • 『フロー&チェック労務コンプライアンスと手引』(新日本法規出版、2014)<共著>

セミナー

  • 一般財団法人中部生産性本部・中部地方労働組合生産性会議主催 2018年9月12日開催
    「2018中部生産性会議「待ったなし!働き方改革と多様な人材の活躍促進」」
     -「同一労働・同一賃金に関する企業対応」
  • 株式会社労務行政主催 2017年12月11日開催
    「要緊急対応!『長時間労働の上限規制の内容と企業実務に与える影響』~臨時国会で成立が予測される法改正について人事実務に精通した弁護士が解説~」