Top > 弁護士等紹介

橋本 豪 (パートナー) Go Hashimoto (Partner)

中文English
資格 アメリカ合衆国ニューヨーク州弁護士 (1997年)
登録 2003年 外国法事務弁護士(アメリカ合衆国ニューヨーク州法)
弁護士会 第一東京弁護士会
学歴 東京大学法学部 平成元(1989)年卒業
University of Pennsylvania Law School (LL.M.) (1992年)
Columbia Law School (J.D.) (1996年)
Columbia University, School of International and Public Affairs (M.I.A. 国際経済政策専攻) (1997年)
職歴 株式会社国際協力銀行(1989年~1993年)
米国法律事務所ニューヨーク事務所(1997年~2000年)
ビンガム・マカッチェンLLP・同外国法事務弁護士事務所(2000年~2008年)
グリーンバーグ・トローリッグLLP・同外国法事務弁護士事務所(2008年~2009年)
経済産業省「平成24年度アジア拠点化立地推進調査等事業(対日投資戦略の高度に関する調査分析)における検討委員会」委員(2012年~2013年)
一般社団法人サイバーリスク情報センター 監事(2013年~)
経済産業省 海外事業者との投資提携の定着に関する調査 委員(2013年~)
経済産業省 対内直接投資研究会 委員(2013年~)
東京電機大学Cysec国際化サイバーセキュリティ学特別コース 講師(2015年~)
西村あさひ法律事務所(2009年~2017年)
取扱業務 一般企業法務(国際取引法務、知的財産関連取引、海外進出、M&A/企業組織再編等)、国際争訟解決(知的財産関連の紛争を含む)、インターネット関連/サイバー法、投資規制・輸出管理・国際通商(各国制裁対応・米国CFIUS対応等含む)、各国政府・当局対応
言語 日本語、英語
 

受賞

出版物

  • 「基礎から学ぶデジタル・フォレンジック 入門から実務での対応まで」(日科技連出版社、2019)<共著>
  • 『改訂版デジタル・フォレンジック事典』(日科技連出版社、2014)
  • 「新興国カントリーリスク研究<第4回>新興国ビジネス最前線―ASEANの大国インドネシアを考える」月刊監査役No.620(2013)<共著>
  • 「法整備支援と法律家・金融市場関係者の役割」資料版/商事法務No.355(2013)
  • 「新興国カントリーリスク研究<第2回>インドを読み解く」月刊監査役No.618(2013)<共著>
  • 「新興国カントリーリスク研究<第1回>ミャンマー進出事始」月刊監査役No.617(2013)
  • 「ミャンマーの弁護士業界事情、その歴史的背景と今後の展開」月刊ザ・ローヤーズ8月号(2013)
  • 「国際結婚とクロスボーダーM&A-文化デューディリジェンスのすすめ-」M&A専門誌マール8月号(2013)
  • 「ミャンマー外国投資規則概説」国際商事法務Vol.41 No.6(2013)<共著>
  • 「サイバー空間における護身術-サイバー空間と事業機密防衛」月刊監査役No.611(2013)
  • 「eディスカバリ雑感」デジタルフォレンジック研究会IDFメールマガジン(2013)
  • 「サイバースペースにおける法の適用(コンピュータフォレンジック最前線 第5回)」HH News & Reports(2012)
  • 「コンピュータ技術に追いつかない法整備(コンピュータフォレンジック最前線 第4回)」HH News & Reports(2012)
  • 「証拠の真正性とその破棄・改ざん(コンピュータフォレンジック最前線 第3回)」HH News & Reports(2012)
  • 「米国にみるeディスカバリの必要性(コンピュータフォレンジック最前線 第2回)」HH News & Reports(2012)
  • 「年々重要性を帯びる情報セキュリティ(コンピュータフォレンジック最前線 第1回)」HH News & Reports(2012)
  • 「ASEAN制度Review」ASEAN経済通信第139号・140号(2011)
  • 『クラウド時代の法律実務』(商事法務、2011)<共著>
  • 『実践的eディスカバリ 米国民事訴訟に備える』(NTT出版、2010)

Web掲載記事

セミナー

  • The Legal 500主催 2019年9月19日開催
    「The Legal 500 GC Summit Japan 2019」
    - パネルディスカッション「Data Protection, Privacy and Cybersecurity: An Update on the Latest Trends in Japan」(モデレーター)
  • コントロール・リスクス・グループ株式会社主催 2018年2月27日開催
    「CR未来フォーラム~求められるインテリジェンス~」
      -「サイバー空間の『戦略的活用』に向けた課題と挑戦」
  • 富山銀行、富山第一銀行、福井銀行、北陸銀行、北國銀行、みずほ銀行主催 2018年1月23日開催
    「ASEAN投資の「今」~ 海外進出のプロがみたASEAN最新投資動向~」
      -「弁護士が見たASEANビジネスの落とし穴~ASEANとの「付き合い方」~」
  • 一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター主催2016年11月24日開催
    「サイバー攻撃を法的に理解する」
  • WASForum主催2016年9月23日開催
    「サイバー法×インフラ設計」
  • 新日本有限責任監査法人主催2015年12月3日開催
    「インドにおけるM&Aデューデリジェンスと成功のポイント」
  • 香港国際仲裁センター主催2015年7月17日開催
    「実務における動向-時間とコストを削減するためのテクニック」
  • 一般社団法人日本自動車部品工業会主催2015年7月2日開催
    「リコール・製造物責任問題発生時のダメージコントロール」
  • ビジネス・フォーラム事務局主催、デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社、有限責任監査法人トーマツ協賛2015年5月20日開催
    「サイバー空間におけるクロスボーダー紛争と情報開示業務」
  •  ハミングヘッズ株式会社、株式会社ディー・ディー・エス、レクシスネクシス・ジャパン株式会社及びビジネスロー・ジャーナル共催2014年9月26日開催
    「サイバー空間における様々な脅威への法的対処」
  •  Kroll Ontrack主催2014年4月24日開催
    「グローバル化と法的リスクへの取り組み」
  • 株式会社日本ナレッジセンター主催2014年2月14日開催
    「新興国進出における法的リスク管理と戦略的対応策」
  • 株式会社日本計画研究所主催2014年2月12日開催
    「ミャンマー進出の留意点―国内では知り得ない現地実務のポイントー」
  • Kroll Ontrack主催2013年11月26日開催
    「東南アジアビジネスと法的リスク 新興国における法的リスクを考える」
  • KPMGミャンマー、あずさ監査法人、KPMG税理士法人及びKPMG FASグループ主催2013年6月21日主催
    「ミャンマー法制度概要」
  • 東京弁護士会主催、シカゴ弁護士会及び在日米商工会議所(ACCJ)共催2013年3月22日開催
    「国境を超えるE-Discoveryへの法務対策」
  • Kroll Ontrack主催2013年3月7日開催
    「E-ディスカバリーを伴う民事訴訟・各国政府監督官庁による調査で失敗しないために」
  • 日本公認会計士協会近畿会主催2012年11月8日開催
    「日本企業にとってのミャンマー投資」
  • 非定非営利活動法人デジタル・フォレンジック研究会主催2012年9月13日・14日開催
    「第2回デジタル・フォレンジック製品&トレーニング概要説明会」
  • 日本公認会計士協会近畿会主催2012年7月9日開催
    「グローバル時代の不正対策~サイバー戦争時代の事業機密防衛」
  • 株式会社コーチ・エイ及びデロイトトーマツコンサルティング主催2012年7月5日開催
    「M&Aにおける人と文化の融合」
  • あずさ監査法人主催、KPMGタイランド、KPMG税理士法人及びKPMG FAS共催
    「ミャンマー法制度概要」
  • 一般社団法人日本海運集会所主催2012年6月5日、12日、19日、26日、7月3日開催
    「契約法-英米法入門-(全5回)」
  • 三井物産セキュアディレクション株式会社主催2012年4月17日開催
    「クロスボーダーにおけるビジネスインテリジェンス」
  • 株式会社FNコミュニケーションズ主催、株式会社金融ファクシミリ新聞社共催2011年11月11日開催
    「新興国進出の際に負けないビジネス法務戦略」
  • 一般社団法人企業研究会主催2011年7月15日開催
    「ケースステディで学ぶ 新興国ビジネスリスクマネジメント講座」
  • NRIセキュアテクノロジーズ株式会社主催2011年3月3日開催
    「eディスカバリーのための情報管理~米国事例からの考察~」
  • 一般社団法人企業研究会主催2010年12月2日開催
    「米国民事訴訟とその実践的対応~基礎から実践的知識まで~」