Top > 弁護士等紹介

中野 真 (アソシエイト) Makoto Nakano (Associate)

中文English
学歴 早稲田大学政治経済学部政治学科 平成17(2005)年卒業
司法修習 平成22(2010)年修了 (63期)
弁護士登録 平成22(2010)年~平成30(2018)年
令和2(2020)年(再登録)
弁護士会 東京弁護士会
職歴 第一法律事務所(2010年8月~2018年2月)
環境省内部通報外部窓口(2015年4月~2016年3月)
消費者庁政策調査員(2015年10月~2016年3月)
消費者庁消費者制度課政策企画専門官(2016年4月~2021年3月)
所属団体 東京弁護士会労働法制特別委員会 研修員(2011年4月~2012年3月)
東京弁護士会公益通報者保護特別委員会 委員(2011年11月~2016年3月)
東京弁護士会労働法制特別委員会 委員(2012年4月~2018年2月)
東京弁護士会労働法制特別委員会 幹事(2020年9月~)
取扱業務 内部通報制度(国内・グローバル)、コンプライアンス・内部統制、危機管理対応全般・危機管理広報、社内調査/外部調査(第三者委員会等)、役職員の不正、ハラスメント/不正調査、労働法コンプライアンス、人事労務アドバイス、解雇・退職勧奨等、労働紛争、人事制度改革、M&A・企業再編に伴う人事労務、労働行政当局対応、一般企業法務
言語 日本語、英語

出版物

  • 「公益通報者保護法改正の概要」ジュリスト1552号(2020)
  • 「公益通報者保護法改正における労働分野に関わる事項の解説」労働判例1227号(2020)
  • 「公益通報者保護法の一部を改正する法律の概要」NBLNo.1177(2020)
  • 『新労働事件実務マニュアル〔第4版〕』(ぎょうせい、2017)<共著>
  • 「公益通報者保護制度の実効性の向上に関する検討会最終報告書の概要」NBLNo.1092(2017)
  • 『ここがポイント 事業者の内部通報トラブル』(法律情報出版、2016)<共著>
  • 「公益通報者保護制度の実効性の向上に関する検討会ワーキング・グループ報告書の概要」NBLNo.1088(2016)
  • 「公益通報者保護制度の実効性の向上・第1次報告書の概要」NBLNo.1073(2016)
  • 「実例 労働審判(第69回)不利益取扱いの承諾について」中央労働時報第1212号(2016)
  • 『「公益通報者保護法」改正の視点-韓国「公益申告者保護法」調査報告』(2015)<共著>
  • 『労働事件における慰謝料』(経営書院、2015)<共著>
  • 「公益通報者保護法の課題と通報制度におけるノウハウ」LIBRA 15-1(2015)
  • 『新労働事件実務マニュアル〔第3版〕』(ぎょうせい、2014)<共著>
  • 「「これだけは避けたい!」 弁護士の内部(公益)通報処理 講演録」NIBEN Frontier136号、137号(2014)
  • 『失敗例に学ぶ「内部告発」』(法律情報出版、2011)<共著>

WEB掲載記事

セミナー

  • 日本労働法学会主催 2020年11月1日開催
    「第137回日本労働法学会」
    -「公益通報者保護制度の実効性確保について」(コメンテーター)
  • 商事法務研究会・経営法友会主催 2020年8月7日~9月4日配信
    「2020年度第3回会員定例解説会 公益通報者保護法の一部を改正する法律について」