Top > 弁護士等紹介

サイモン・ベツィナ (パートナー) Simon Bezzina (Partner)

中文English
サイモン・ベツィナ
資格 マルタ共和国弁護士(1995年)
※但し、外国法事務弁護士の登録はない。
イングランドおよびウェールズ事務弁護士(Solicitor) (2011年)
※渥美坂井法律事務所弁護士法人はイングランド及びウェールズのソリシターズ・レギュレーション・オーソリティによる規制の適用を受けていない。
登録 2016年 外国法事務弁護士 (連合王国法)
弁護士会 Law Society of England & Wales、第二東京弁護士会
学歴 マルタ大学 公証人学位(1991年)
マルタ大学 法学博士(1993年)
千葉大学 日本語修了(1994年)
千葉大学 国際商法修了(1995年)
東京大学大学院法学政治学研究科 商法並びに租税法研究修了(2000年)
東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了 法学博士号取得(2006年)
職歴 フェネク&フェネク アドボケイツ(マルタ共和国)(1991年8月~1993年8月)
マルタディベロップメント株式会社(マルタ共和国)(1995年8月~1998年10月)
西村ときわ法律事務所(現 西村あさひ法律事務所)(東京)(2003年7月~2006年3月)
ドイツ銀行(英国、ロンドン)(2006年6月~2006年11月)
ミツイアンドカンパニー・エネルギー・リスク・マネジメント・リミテッド(現 ミツイアンドカンパニーコモディティ・リスク・マネジメント・リミテッド)(英国、ロンドン)(2006年11月~2007年5月)
モルガン・スタンレー・アンド・カンパニー・インターナショナル・リミテッド(英国、ロンドン)(2007年6月~2007年7月)
リーガル・アンド・ジェネラル・インベストメント・マネジメント・リミテッド(英国、ロンドン)(2007年7月~2010年5月)
リーマン・ブラザーズ・リミテッド(英国、ロンドン)(2010年7月~2011年1月)
ロイヤルバンク・オブ・スコットランド(英国、ロンドン)(2011年4月~2012年12月、2013年1月~2013年7月)
渥美坂井法律事務所・外国法共同事業(2013年11月~)
所属団体 AIPN (Association of International Petroleum Negotiators) (2018年~)
ISDA (International Swaps and Derivatives Association) Credit Derivatives Determinations Committees (representative for all regions) (2009年~2010年)
International Project Finance Association (2010年~2013年)
WNA (World Nuclear Association) (2015年)
APLMA (Asia Pacific Loan Market Association)(2016年~)
取扱業務 プロジェクト・ファイナンス・ローン、債券、デリバティブ及びストラクチャード・ノート、石油・ガス開発及び輸送プロジェクトに係わるドキュメンテーション(LNGプロジェクト等)、石油・ガス・ストラクチャード・ファイナンス(埋蔵量担保融資、デリバティブベースのファイナンス等)、デコミッショニング、企業買収及び会社分割、倒産及び不良資産、証券化(エネルギー・インフラ資産及びビジネス全般を含む)、原子力発電所の新設―契約書及びファイナンス
言語 英語、日本語、イタリア語、フランス語

出版物

  • Thesis entitled “Legal Aspects of Credit Derivatives and Synthetic Securitisation Schemes,” submitted to the University of Tokyo (2005)
  • “The Protection Seller’s Scylla and Charybdis: Negotiating the Moral Hazard Straits in ISDA-based Cash-settled Credit Default Swaps,” the Journal Of International Banking Law And Regulation, Sweet and Maxwell (2005)
  • “Protecting the Protection Sellers: is ISDA's “Not Contingent” Definition Still Haunted by Contingencies?,” the Journal of International Banking and Finance Law, Butterworths (2005)
  • “Security interests in Securitisation Schemes: The Case for Notice Filing? A Look at the Law from the English and Japanese Perspectives,” the Journal Of International Banking Law And Regulation, Sweet and Maxwell (2005)
  • “Credit Derivatives: The Pig In The Poke? Regulatory Aspects From The Japanese Perspective,” the Journal Of International Banking Law And Regulation, Sweet and Maxwell (2003)
  • “The interpretation of statements in a notice calling a general meeting for the appointment of directors,” JURIST, Yuhikaku Publishing Co., Ltd. (in Japanese) (2001)
  • Thesis entitled “An Analysis Of Malta’s Offshore Legislation In The Light Of Malta’s Entry Into The EU," submitted to the University of Malta (1993)

セミナー

  • Dispute Resolution Board Foundation(DRBF)日本支部主催 2017年9月5日開催
    「Flexibility vs. Certainty in EPC and supply contracts – Focusing on contracts in the Nuclear Industry」