Top > 弁護士等紹介

外山 照久 (シニアパートナー) Teruhisa Toyama (Senior Partner)

中文English
学歴
一橋大学商学部経営学科
筑波大学法科大学院
司法修習 平成25(2013)年修了 (66期)
弁護士登録 平成25(2013)年
弁護士会 第一東京弁護士会
職歴
新日本有限責任監査法人 金融部(2004年~2012年)
アクセンチュア株式会社 経営コンサルティング本部(2012年)
取扱業務 証券訴訟、訴訟・紛争処理(非上場株式に関する紛争、株主代表訴訟対応を含む)、危機管理、内部統制・コンプライアンス、M&A、財務会計・租税法、一般企業法務
資格 公認会計士(2004年/会計士補登録:2008年/公認会計士登録)
言語 日本語、英語
 

受賞

出版物

  • 「不祥事 予防・発見・対応-スペシャリストのチカラ-」Business Law Journal 2019年2月号(2018)<共著>
  • 「契約書の内容等でどう変わる? 収益認識「時期」の法務ポイント」旬刊経理情報 No.1527(2018)<共著>
  • Getting the Deal Through - Risk & Compliance Management 2018, Japan chapter, Law Business Research Ltd. (2018) <共著>
  • 「財務事項を中心とした本年株主総会の想定問答」旬刊経理情報 No.1510 (2018) <共著>
  • Getting the Deal Through - Risk & Compliance Management 2017, Japan chapter, Law Business Research Ltd. (2017) <共著>
  • 『Fintechのビジネス戦略と法務』(金融財政事情研究会、2017)<共著>
  • 「1からわかる FinTech入門 第4回 仮想通貨に関するサービス・法律・会計」銀行法務21 9月号(2016)<共著>
  • 「中国法における政策変更リスクと対応の方策」月刊ザ・ローヤーズ1月号(2016)<共著>
  • 「企業犯罪・企業不祥事対応において企業価値の早期回復・再生をどう行うか」月刊ザ・ローヤーズ10月号 (2015) <共著>
  • 「業種別会計シリーズ 証券業」(第一法規、2012年)<共著>

Web掲載記事

セミナー

  • 経営調査研究会主催 2017年3月8日開催
    「【平成29年度税制改正大綱】タックスヘイブン対策税制の改正と裁判例~シンガポールや英国等に子会社を有する企業への影響~」
  • 経営調査研究会主催 2017年2月2日開催
    「「モノ いう個人投資家」対策 ~上場準備企業・上場企業の法務・総務担当者が把握しておくべき、個人アクティビスト投資家の活動の最前線と対応策~」
  • レクシスネクシス・ジャパン株式会社及びビジネスロー・ジャーナル主催 2016年10月24日開催
    「内部通報制度運用セミナー【実践編】」
  • レクシスネクシス・ジャパン株式会社及びビジネスロー・ジャーナル主催 2016年6月6日開催
    「内部通報制度の運用~社員が安心して利用でき、会社も重大な不祥事の芽を早期に発見できる有効な制度に変えるための運用のポイント~」
  • 経営調査研究会主催 2016年5月20日開催
    「証券訴訟の最新動向と各当事者の対応~機関投資家、事業会社、監査法人に求められる対応とは~」
  • 当事務所主催、レクシスネクシス・ジャパン株式会社 ビジネスロー・ジャーナル後援 2016年2月5日開催
    「企業不祥事防止対策セミナー ~不祥事を『出さない』&『見逃さない』企業を作るために」
  • 経営調査研究会主催 2016年1月8日開催
    「「モノ いう個人投資家」対策 ~上場準備企業・上場企業の法務・総務担当者が把握しておくべき、個人アクティビスト投資家の活動の最前線と対応策~」