渥美坂井法律事務所・外国法共同事業

Top > 取扱分野 > ヘルスケア

ヘルスケア

少子高齢化、医療の高度化に伴い、医薬分野、健康関連分野、医療関連分野の重要性はますます高まっています。当事務所では、これに対応して、多様かつ適切なリーガルサービスを提供できるようチームを構成し、研鑽しています。

 当事務所の取扱うヘルスケア分野における主な業務は、以下のとおりです。

■薬事法、各種ガイドラインに関するアドバイス

医薬、医療機器に関しては、開発から広告、販売に至るまで、さまざまな段階で、薬事法や関連するガイドライン等による規制がかけられています。多種多様な規制について、最新の情報に基づく、適切なアドバイスを行っています。

■ヘルスケア関連分野における契約の作成

共同開発契約、ライセンス契約、販売契約、代理店契約等、さらにヘルスケア関連分野のM&Aにおける各種契約書の作成やレビュー、アドバイス等を多数行っています。薬事法等の関連規制に関する知見に加え、特許権に代表される知的財産権に関する知見や国内外の取引に関する知見・経験を踏まえ、それぞれの契約書の作成やレビューを行っています。

■業界独自の慣習等への対応

ヘルスケア分野のそれぞれの業種・業界には、それぞれの専門領域に関する、その業種・業界独自の慣習や用語法があります。当事務所では、弁護士をそれぞれの業種・業界に対応できるよう、業種・業界ごとに緩やかなチームを構成し、当該クライアントに最適なチームにより効率の良い、的確なサービスが提供しています。

■独占禁止法・知的財産権法等の関連分野との協働

ヘルスケア分野においては、独占禁止法や知的財産権法などの知識を必要とする場面が多々存在します。ヘルスケアチームのメンバーそれぞれが関連する法律分野に関する知見を有していることにとどまらず、必要な場合には、独占禁止法チームや労働法チームなど、それぞれの場面に応じて、必要なアドバイスを提供できるよう、常時他のプラクティスチームとの連携を保っています。クライアントに、必要な場合に必要な法分野における適切なアドバイスを提供できるような体制を整えています。

当事務所の弁護士・外国法事務弁護士による実績の一部は、以下のとおりです。

  • 外資系医療機器メーカーに対するアドバイス一般
  • バイオベンチャー企業の上場支援
  • 創薬メーカーに対する知的財産権利用に関するアドバイス
  • 外資系医薬メーカーに対する薬事法規制に関するアドバイス
  • 病院に対する各種アドバイス
  • 医療・ヘルスケア分野における新規事業形態と規制に関するアドバイス
  • 医療・ヘルスケア分野におけるクロスボーダーM&A案件に関するアドバイス

取扱分野