渥美坂井法律事務所・外国法共同事業

Top > 著書・論文

2019年12月27日(金): [記事]「米国「不動産投資税制特区」の全貌 適格性、優遇措置の要件、義務・制限」:バニー・L・ディクソン外国法事務弁護士(パートナー)及び植松貴史弁護士(パートナー)

バニー・L・ディクソン外国法事務弁護士(パートナー)及び植松貴史弁護士(パートナー)がEckert Seamans Cherin & Mellott法律事務所のアールM.フォルテ米国ペンシルベニア州弁護士及びジョンW.パウチウロ米国ペンシルベニア州弁護士と共同執筆した記事「米国「不動産投資税制特区」の全貌 適格性、優遇措置の要件、義務・制限」が、月刊プロパティマネジメント2020年1月号(綜合ユニコム株式会社)に掲載されました。

  < 前へ
一覧に戻る
次へ >

特別プラクティス・チーム